ヨガの歴史

ヨガが始まったとされるのは約4000年前~5000年前。古いですよね~。それからもずっと続いて、紀元後5世紀頃、パタンジャリ師によりまとめられた「ヨガ・スートラ」が現代のヨガのベースになっています。

さらに近代に近づいて、19世紀 近代ヨガの父とされるクリシュナマチャリア師が活躍してきます。彼の弟子や息子がアメリカ、世界各地にヨガを広めていきました。日本では、4度目のブームです。今回のヨガブームの始まりはハリウッドが発端となります。

近代ヨガでは、それぞれ個々にあったヨガを進めてきたために、ヨガの種類がこんなにもたくさんあるのです。リラックス、骨盤、フェイシャル、アヌサラ、インテグラル、イシュタヨガetc 作った人の数だけヨガも名前があります。選ぶなんて大変ですね。

ハタヨガとは、動くヨガ全てのこと。
今はベーシックなクラスとして開催されているものが多いですね。

アシュタンガやヴィンヤサ、パワーヨガなどは少し動きの激しいもの。

アイアンガーはブロックやベルト等の補助的な道具を使いながら、一つ一つのアサナ(ポーズ)の完成度を高めていくので、流れのある動きはしませんが、ヨガのポーズを正しく負担なくとることができます。

ヨガがここまで広まったのは、その時代に合わせて変化していったからです。先生によっても開催するスタイルが同じでも全然クラス内容が違ってきます。ぜひ自分の今にあったヨガを探してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です